法顕伝 - 法顕

Add: gupyqo3 - Date: 2020-12-14 00:48:06 - Views: 9052 - Clicks: 6577

高僧法顕伝 著者 法顕 著他 出版者 奈良美術研究会 出版年月日 昭和4 請求記号書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 法顕337年 - 422年アショーカ王宮殿跡の法顕生地平陽郡襄陵県武陽没地荊州江陵辛寺著作『仏国記』法顕(ほっけん、337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。. 法顕は、『法顕伝』(一般に『仏国記』)によれば、長安を出発した時、64歳であった。 同行した僧が10人ほどいたが、途中で死んだり、インドに留まったまま帰らなかったりで、東晋の都建康に帰り着いたのは法顕一人だったという。. Amazonで長沢 和俊の法顕伝 訳注・解説―北宋本・南宋本・高麗大蔵経本・石山寺本四種影印とその比較研究。アマゾンならポイント還元本が多数。. 求法の旅を記した『法顕伝』( 414 年)は、西域を知るための貴重な情報源だった。法顕が帰国した時は 80 歳近かった。しかし、 14 年間の旅の記録にしてはおよそ 14,000 字という短さで、豊富な内容ながら簡潔な名文として知られている。. しかし法顕はその奥深い山中で、20メートルを超える巨大大仏像に遭遇します。 そして、この道こそ「大乗仏教・東伝の道」だと記しました。 今回は「東伝の道」を行く法顕が、何を見、何を訴えようとしていたのか、その声に、じっと耳を傾けてみたいと.

法顕三蔵 中国東晋時代の高僧。天竺にわたって13年間滞在し帰国後、仏典の翻訳に努めた。「三蔵」は経・律・論からなる仏典の総称から、それらに通じている高僧のこと。旅行記「高僧法顕伝」がある。. 法顕(337頃~422頃)は、東晋の僧侶です。399年に長安を出発し、戒律の原典を探す旅にでます。 彼は、行きは陸路で西域を通ってグプタ朝インドにたどり着きました。 当時の王はチャンドラグプタ2世(在位376頃~415頃)です。. 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註, 平凡社, 1971. 法顕(337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。 姓は龔、平陽郡武陽縣(山西省)の人。 経の訳出にくらべて、戒律が中国仏教界において完備していないのを嘆いた法顕は、399年(隆安3年)長安からインドへ、慧景、慧応、慧嵬、道整と共に求法の旅にたった。. 「法顕伝」にみる大衆教化の現場 以下は法顕がスリランカにいるとき記述した部分の一部を、私が大雑把訳したものです。 大雑把訳 法顕はこの国で、天竺の道人が高座で経を唱えるのを聞いた。. 法顕(337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。姓は龔、平陽郡武陽縣(山西省)の人。 経の訳出にくらべて、戒律が中国仏教界において完備していないのを嘆いた法顕は、399年(隆安3年)長安からインドへ、慧景、慧応、慧嵬、道整と共に求法の旅にたった。.

西暦399年春3月、63歳にもなる高僧が、4人の同志とともに、インド・天竺を目指し、都・長安を旅立ちました。現在の年令に換算して、90歳にもなろうかという超高齢の僧の名は『法顕』-その目的は、都・長安に欠けていた僧侶たちの「生活の規範」戒律の経典を、当時の天竺の都. 建康で仏陀跋陀羅に出会い、法顕が持ち帰った『大般涅槃経』等が訳出され、涅槃宗成立の基となった。『摩訶僧祇律』40巻も訳された。法顕は荊州 江陵の辛寺で没した。享年86。没後、『五分律』も仏馱什が訳した。 伝記資料. 法顕伝(ほっけんでん)とは。意味や解説、類語。⇒仏国記 (ぶっこくき) - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。.

法顕は著書『仏国記』(『法顕伝』)の中で、チャンドラグプタ2世を超日王【ちょうにちおう】と記している。 インドで仏教研究の中心と言えばナーランダー僧院だが、この僧院は427年にクマーラグプタ1世により創建された。. 宋雲行紀 / 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註 1988年発行のものは「初版第11刷」とあり(追記(276p)に増補改訂版の校訂にあたった旨の記載あり). 法顕(337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。姓は龔、平陽郡武陽縣(山西省)の人。 経の訳出にくらべて、戒律が中国仏教界において完備していないのを嘆いた法顕は、399年(隆安3年)長安からインドへ、慧景、慧応、慧嵬、道整と共に求法の旅にたった。 法顕伝ー宗雲行紀 - 法顕 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 法顕伝 / 法顕著, 宋雲行紀 / 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註 第2版 平凡社, 1975 (東洋文庫 194) isbn:法顕伝 / 法顕著, 宋雲行紀 / 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註 平凡社, 1971 (東洋文庫 194) 大正新脩大藏經テキストデータベースに原文が収録されていた。. Amazonで法顕, 衒之, 楊, 和俊, 長沢, 法顕伝 - 法顕 和俊, 長沢の法顕伝・宋雲行紀 (東洋文庫 (194))。アマゾンならポイント還元本が多数。法顕, 衒之, 楊, 和俊, 長沢, 和俊, 長沢作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「法顕昔在長安慨律蔵残欠、於是遂以弘始二年歳在己亥 「法顕本求戒律、而北天竺諸国皆師師口伝無本可写。是一 祇衆律。仏在世時最初大衆所行也。於祇垣精舎伝其本。 但此最。是声 (3) 書之於文字」 是広説備悉者。復得一部抄律、 (2).

399年~412年、中国の東晋の僧法顕がインドに戒律を求めて大旅行をした時の旅行記。 『法顕伝』ともいう。法顕は往路は西域からパミールを越え、カイバル峠からガンダーラ地方に入り、さらにガンジス流域のグプタ朝の都パータリプトラで3年間、梵語(サンスクリット語)を学んだ。. 建康で仏陀跋陀羅に出会い、法顕が持ち帰った『大般涅槃経』等が訳出され、涅槃宗成立の基となった。『摩訶僧祇律』40巻も訳された。法顕は荊州 江陵の辛寺で没した。享年86。没後、『五分律』も仏馱什が訳した。 伝記資料. 法顕伝 中亜・印度・南海紀行の研究 復刻/足立喜六 の商品説明 【内容紹介】 5世紀初頭、約17年にわたるインド求法の大旅行をおこなった中国僧・法顯。.

宋雲行紀 フォーマット: 電子ブック 責任表示: 法顕著. 建康で仏陀跋陀羅に出会い、法顕が持ち帰った『大般涅槃経』等が訳出され、涅槃宗成立の基となった。『摩訶僧祇律』40巻も訳された。法顕は荊州 江陵の辛寺で没した。享年86。没後、『五分律』も仏馱什が訳した。 伝記資料 『高僧法顕伝』 『高僧伝. 法顕伝 / 法顕著. 古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ネットアドバンス,. 10 形態: 1オンラインリソース 著者名:. しかし、仏教史書や経録類では、『法顕伝』(『高僧法顕伝』)や『歴遊天竺記伝』という書名を見ることが出来る。 内容 編集 法顕三蔵は、 隆安 3年( 399年 )に 長安 から求法の旅に出発し、 タクラマカン砂漠 を経て パミール高原 を越え.

法顕は399年数人の仲間とともに長安を発ち、西域を経由してインドへの求法の旅に出る。西域ではブッダも実践していた雨安居(雨期の一定期間一カ所に留まって修行すること)のため旅の中断を入れながら、タクラマカン砂漠を横断しパミールの山岳地帯を超え、403年にやっとの思いでインド. 法顕伝 中亜・印度・南海紀行の研究 復刻ならYahoo! 建康で仏陀跋陀羅に出会い、法顕が持ち帰った『大般涅槃経』等が訳出され、涅槃宗成立の基となった。『摩訶僧祇律』40巻も訳された。法顕は荊州 江陵の辛寺で没した。享年86。没後、『五分律』も仏馱什が訳した。 伝記資料 編集 『高僧法顕伝』.

第2版 (: electronic bk) 法顕著. 世界大百科事典 第2版 - 《法顕伝》の用語解説 - 求法僧たちは,正法を学び梵経を将来することを第一の目的としたが,同時に仏跡を巡礼しようとしたのである。たとえば,東晋の法顕は,399年(隆安3)に長安を出発し,ヒマラヤを越えてインドの北部に入り,さらにインドの中部とスリランカの. 法顕伝はスワットの谷を次のように紹介している。 「ここでは仏教がたいへんに栄えていて五百の寺がある。 僧の客が来るとことごとく三日間供養し、それから落ちつく所を求めさせる。. 6月27日 講演会「パキスタン北部地方に『法顕の道』をたずねて」(東京都)。パキスタン北部地域における文化遺産と『法顕の道』について、長年にわたり単身で現地調査を重ねてきた土谷遥子先生(元・上智大学教授)により、多数の写真スライドとともにお話しいただきます。. 法顕伝・宋雲行紀 (東洋文庫 (194)) ¥ 1,270 (送料:¥350~) 法顕 、平凡社 、1971年9月25日(発売年月日の記載となります、版・刷等について気になる際には別途お問い合わせください) 、276 、新書. 法顕(ほっけん)の解説。中国、東晋時代の僧。平陽(山西省)の人。399年、60余歳で仏典を求めて陸路インドに行き、14年後に海路帰国。その紀行「仏国記」は、当時のインド・中央アジアの状況を伝える重要資料。摩訶僧祇律や大般泥洹経 (だいはつないおんぎょう) などを漢訳。生没年未詳. More 法顕伝 - 法顕 images.

宋雲行紀 法顕著. 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註 (東洋文庫, 194) 平凡社, 1971. 楊衒之著 ; 長沢和俊訳註, 平凡社, 1975: 2. 法顕 法顕(ほっけん、337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。姓は龔、平陽郡武陽縣(今の山西省)の人。 目次 • 1生涯 • 2伝記資料 生涯 幼くして出家、20歳で具足戒を受けた。その人となりは「志行明敏、儀軌整粛なり」といわれた。. ワイド版東洋文庫194 老齢の身ながら遠くインド・セイロンにわけ入り27国もの仏跡を14年にわたって巡歴した中国の高僧法顕の記録は、最古の西域旅行記としてつとに名高い。宋雲の北インド旅行記を併載。. 11501/1190215 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book.

法顕伝 - 法顕

email: ihiwy@gmail.com - phone:(526) 669-8966 x 6453

目撃者の南京事件 - 滝谷二郎 - 古代氏族の研究 宝賀寿男

-> 実躬卿記 尊経閣善本影印集成 - 前田育徳会尊経閣文庫
-> 作る人のためのベジタリアン・パーフェクト・ブック - 庄司いずみ

法顕伝 - 法顕 - 吉原賢治 ビジネスモデル入門


Sitemap 1

事務の改革を通した学校活性化の実践 - 高妻三郎 - ウィンストン ガンピズム